プログラミングなどに関する、ひらう子のブログです

SSHを通したGit利用というのを初めて知ったという話

私は、ITエンジニアとしての業務経験はありますが、ちゃんとした開発業務の経験はありません。そんな訳で、結構そういった知識はまばらだったりします。

最近知ったのですが、GitはSSHを通して利用出来るのですね…。恥ずかしながらHTTP(S)を通したリモート機能と、あとはローカルの機能しか知りませんでした。用あってGitのリファレンスを眺めていて、初めてSSHを通してのリモート機能を知りました。

GitはGithubやHerokuでしか使ったことがなかったもので、Gitをリモート利用するには、基本的にはWebサーバを立てるしかないと思っていました。なので、割と面倒だろうなあと思っていました。

SSHを通してそのままGitを使えるということは、それこそSSHで接続可能なリモート端末にディレクトリを作ってリポジトリにしてしまえば、そのまま外から接続できますね。このブログでは何かとHTMLSeaの事ばかり書いていますが、並行してWebアプリの個人開発もやっていたりするので、Githubを介さない方が良いであろうリポジトリも結構あります。なので、とてもありがたい機能です。


まあそんなこんなで、VPS内にリポジトリを作って、Gitで簡単にWebアプリがデプロイが出来るように準備しました。ローカル端末はWindowsなので、Puttyを通してGitを使うという、まあどうやらネットで見る限りは一般的らしい方法です。

という訳で、色々な技術は「何となくかじっていて使える」という状態で済まさず、ちゃんとドキュメントを読んだ方が後々効率が良いという教訓を得ました。ははは…。