プログラミングなどに関する、ひらう子のブログです

HTMLSeaをちょっとだけ実践で利用してみて

開発中のHTMLSeaですが、現在ちょっとだけ実践で活用してみています。

現在私は、Twitter連携Webサービスを個人開発中でして、そのデザインの段階において、HTMLSeaを使用しています。まず、Flaskと、開発中のHTMLSeaコンパイラモジュールを使って、HTMLSeaコードの書かれたファイルをHTMLに変換して表示するアプリを作り、それをローカルで動かしながらHTMLSeaコードを書き進めていくという感じです。そして、出来たHTMLコードに手を加えて、Webサービスの方にコピペするのです。

このように使ってみたところ、コピペの手間を差し置いても、生のHTMLなどを書くのに比べてスムーズに進められる感じでして、ああやはり開発してよかったなあと思っております。まだまだバグが多いのですが、早く完成度を上げて、オープンなPythonモジュールとして公開したいなあという気持ちでいっぱいです。

実際に使ってみると、最初に作ったテストでは想定していないバグがポロポロと出て来ます。また、「ここは言語仕様としてこうした方が良いのではないか」といったアイデアも、使いながら膨らんでいくのを感じます。そこまで高等な言語でなくとも、やはり言語を作るのは大変ですね。

まあ、今は少しずつHTMLSeaを活用しつつ、色々なWebアプリを作りながらじっくりと開発を進めていきたいと思います。